Biography

北海道札幌市で生まれ札幌の母方の実家で幼年期を過ごす。その後、神奈川県川崎市に移り小・中・高校生活を送る。高校卒業後はデザイン関係の仕事に就くために桑沢デザイン研究所へ入学。卒業後、主に映像関係の仕事を経て俳優に転身。

映像関係の仕事を始めた当初は企業PR用のPV制作に携わっていたが、やがて映画の世界に足を踏み入れる。当初、自主制作映画の助監督の仕事を中心に活動していたが、たまたま参加していた福居ショウジン監督の自主映画『RUBBER’S LOVER』が資金的な行き詰まり状態になり、監督から主演を命じられたことが役者への転身のきっかけとなる。結局、この作品がそのままデビュー作となる。この後、福間健二監督の『急にたどりついてしまう』に出演。この映画の制作に参加していたスタッフの多くがたまたまピンク映画出身であったため、そうした経緯で瀬々敬久監督をはじめとしたピンク映画の関係者と交流を深め、その後多くのピンク作品に参加するきっかけとなる。但し、ピンクに参加する以前は、ピンク映画に関する興味・知識は全く持ち合わせていなかったと後のインタビューで本人が語っている。[1]現在は一般映画やテレビ分野へ進出しており、中でも旧知の瀬々敬久監督作品には必ずと言って良いほど出演している。

  • 1997年度
    • キネマ旬報新人賞
  • 2016年度
    • 第25回日本映画プロフェッショナル大賞 主演男優賞(『ローリング』『犯る男』)

コメントは停止中です。